ブレケケ・コンタクトセンター・スイート

Brekeke CIM バージョン履歴

2.7.8.2 (2023/10/26)
– Microsoft Dynamics 365用のCIMクライアントウィジェットを新規追加
– Salesforce用ウィジェットに関連するADVオプションを新規追加
salesforce.contact.addition.fields
salesforce.widget.scripting.makecall.converter.function
salesforce.widget.scripting.search.converter.function
– ユーザーのインポート時にパスワードの有効日数が更新されない問題の修正
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.8.1 (2023/01/20)
– 通話状態変化イベントが未発生のケースでCIMクライアントウィジェットに通話情報が残存してしまう問題の修正
– CRMとの接続が失敗した場合に頻繁にアクセスし続ける問題の修正
– CIMクライアントウィジェットの発信ダイアログ上でEnterキーを押下して発信できるよう改修
– いくつかの画面でDescription設定に含まれるスペースが文字実体参照で表示される問題の修正
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.8.0 (2022/07/29)
– BLF対応の電話を使用したCIMへのワンステップログインをサポート
https://docs.brekeke.com/pbx/login-brekekeccs-by-using-blf
– WebRTC端末利用時の常時接続をサポート
https://docs.brekeke.com/ccs/use-always-connected-feature-via-itsp
– (冗長化支援)DB書き込みを行わないスタンバイモードを新規追加
– (冗長化支援)アプリケーションインスタンス毎に一部の設定を個別に保持するための機構を新規追加
– (冗長化支援)アプリケーションインスタンスの状態に関する情報を外部から取得するためのHTTPインターフェースを新規追加
– 管理画面のURL変換設定を並び替えられるように改修
– 管理画面の各種一覧画面の表示パフォーマンスを改善
– CIMクライアントを介した汎用的な通知(Notification)機能を新規追加
– Brekeke SIPスタックのアップデート
– シャットダウン時のリソース解放処理を強化
– ダイヤラーエンジンの処理パフォーマンスを改善
– CIMログDBへの書込処理パフォーマンスを改善
– クライアントとサーバ間の処理を最適化
– クライアントのデータ保存領域をCookieからWeb Storageに変更
– Dojo Toolkitのバージョンを1.9.1から1.16.4へ変更
– Apache Struts2のバージョンを2.3.32から2.3.37へ変更
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.20 (2024/05/15)
– アドバンスドオプションにユーザーのログイン操作をハンドルするイベントを新規追加
server.user.login.event.function = <script_name>.<function_name>
server.user.login.event.param = <parameter_string>

2.7.5.19 (2024/04/09)
– グループ設定画面にユーザーの拡張パラメータ設定欄を追加
– ユーザーに特権情報を付与するための機能拡張
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.18 (2022/06/29)
– logdb.dnis.always=trueが正常に動作しない問題の修正
– マイナーバグの修正

2.7.5.17 (2022/05/17)
– DNIS関連のHTTPインターフェースを新規追加
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.16 (2022/03/29)
– データベース初期化時にJDBCオプションを付加できるよう画面項目を追加
– スケジュール画面において不正なフォーマットの登録がFirefoxで抑制されない問題の修正
– 管理画面上に表示するスケジュールをスケジュール名でソートするよう統一
– widget.auto.clear.call.from=trueを設定しても発信元番号がクリアされない問題の修正
– ユーザースキル変更時にaccess.logにスキルレベル値も出力されるよう改修
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.15 (2021/11/05)
– 外線発信呼の保留中切断または転送後のコールバックに応答ボタンで応答できない問題の修正
– Google Chrome Canary バージョン97.0.4666.0におけるフォーカスを失ったWebRTC端末が応答できない問題の対策
– ウィジェット操作によるリクエストの順番が入れ替わった場合の想定外の動作を防ぐための対策
– CIMに登録されているアプリケーションが長期間停止したままになるとメモリリークが発生する問題の修正
– Zoho CRM用ウィジェットをCIM 簡易モードに対応
– 後処理中の発着信時にタイミングによって通話のリーズンコードが保存されなくなる問題の修正
– シングルタブモードで新たなコンタクト開始時に以前の通話のアプリケーションを閉じるよう改修
widget.dci.space.app.reset.contact.started = false/true(default)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.14 (2021/07/26)
– 後処理中に発信できるようにするアドバンスドオプションのサポートに伴うCIMクライアントウィジェットの改修
agentstatus.4.out_preview_external=true/false(default)
– 後処理中に外線転送を受けられるようにするアドバンスドオプションのサポートに伴うCIMクライアントウィジェットの改修
agentstatus.4.in_direct_external=true/false(default)
– 後処理中にウィジェットから発信する際に、オリジナルソースの業務上のACD(acd)を引き継ぐモードの追加
widget.secondary.manual.call.inherit.project = true/false(default)
– 後処理中にウィジェットから発信する際に、オリジナルソースの業務情報を引き継ぐモードの追加
widget.secondary.manual.call.inherit.project = true/false(default)
– CIMを経由しない通話のDNIS情報をログDBに出力するアドバンスドオプションを追加
logdb.dnis.always=true/false(default)
– Google Chrome バージョン91 におけるCIMクライアントウィジェットのプルダウンダイアログのレイアウトが崩れる問題の対策
– CIMクライアントウィジェットの発信ダイアログのUIを最適化
– CIMクライアントウィジェットAPIにmakeCallOperateOnWidgetとtransferCallOperateOnWidgetイベントを新規追加
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.13 (2021/04/02)
– Brekeke SIPスタックのアップデート
– WebRTCクライアントを改修(PBX 3.11対応)
– createRecordingFileUrlオペレーション呼出し時にCIMエンジンが停止する問題の修正
– createRecordingFileUrlオペレーションでaudioパラメータが欠落する問題の修正
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.12 (2021/01/28)
– Brekeke SIPスタックのアップデート
– ACDのサブACD機能(ACDへの転送時に分配処理のみ行い業務上の割り当てをしないモード)を有効化するためのアドバンスドオプションを追加
subacd.cont=false(default)/true
subacd.reenter=false(default)/true
– WebRTC端末をCIMクライアントウィジェットと同一ウィンドウ内に表示するアドバンスドオプションを追加
widget.webrtc.window.mode = 0(default:other window), 1(same window)
– ACD一覧画面をページ毎に分割して表示するよう改修
– ユーザー一覧画面のユーザー毎のサマリ情報の最大表示行数を指定するアドバンスドオプションを追加
use.list.max.lines.per.user = n (default:-1 unlimited)
– 受信したCIMチャットのログをlocalStorageに一定期間保持してチャットウィンドウ再オープン時に復元するアドバンスドオプションを追加
widget.chat.log.keep.hour = n (default=0) 値が1以上の場合にn時間分のログを保持する
– ログイン中にブラウザをクローズしようとした場合に確認メッセージを出すように改修
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.11 (2020/12/03)
– CIMクライアントウィジェットの発信ダイアログに他のオンラインエージェントのステータス確認ボタンを新規追加
– CIMクライアントウィジェットの発信ダイアログの発信元を発信後にクリアするアドバンスドオプションを新規追加
widget.auto.clear.call.from = true/false(default)
– ACDごとにアドバンスドオプションを設定できるようACD設定画面に項目追加
– ACDのエージェント割当時にSVが自身の割り当てを変更できるように改修
– Salesforce用ウィジェットでRFSと連携できなくなる問題の修正
– Salesforce用ウィジェットで特定バージョン以降のFirefoxでレイアウトが崩れる問題の修正
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.10 (2020/08/20)
– Google Chrome バージョン84 におけるSameSite Cookieの仕様変更により3rd party CRM用CIMクライアントウィジェットでログインできなくなる問題の対策
– プレディクティブ・ダイヤラーのペーシング機能の最適化
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.9 (2020/04/28)
– 新規セットアップ時のユーザーパスワードの保持形式をプレーンテキストからSHA-256に変更
– ユーザーパスワードの保持形式をプレーンテキストからSHA-256に移行するためのアドバンスドオプションを新規追加
security.password.encrypt.type = sha256 (設定後要再起動)
– webrtcclient.jsをアップグレード
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.8 (2020/01/28)
– スーパーバイズ機能の常時割り込みモードを有効化するアドバンスドオプションを新規追(要 PBX v3.9.4.7以上)
supervise.continuous = true/false(default)
– スクリプトの種別としてカスタムページ機能を新規追加
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.7 (2019/11/29)
– グループとユーザーのWebRTC端末設定でオプションを設定するための項目を新規追加
– アプリケーションを外部からリスタートするためのHTTPインターフェースを新規追加
– CIMクライアントAPIにaddEventListener、removeEventListenerメソッドを新規追加
– ACDに属するユーザーがphoneIdなしでCAにログインした場合に強制ログアウトする問題の修正
– CCS連携アプリ間でオンラインのエージェントの付加情報(extAgentInfo)を共有できるように機能拡張
– Google Chrome バージョン78.0.3904 におけるWebRTC端末ウィンドウのポップアップ問題の対策
– CIMクライアントウィジェットの発信先コンボボックスのオートフィルを無効化
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.6 (2019/07/11)
– Salesforce Ligntning用ウィジェットのGUIを変更
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.5 (2019/05/17)
– WebRTCクライアントを改修(Safari 12.1対応)
– CIMクライアントウィジェットの一部UIを改修
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.4 (2019/04/10)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.3 (2019/03/29)
– WebRTC端末に呼び出し音機能を新規追加(※ChromeではWebRTC端末に1回フォーカスしないと鳴動しない)
webrtc.phone.ring.enabled=false/true(default)(※本アドバンスドオプションは将来的に削除予定)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.5.2 (2019/02/22)
– UCチャット機能を一新
– グループ編集画面で規定可能な所属ユーザーの設定設定を拡張
– ユーザー設定画面のCIMクライアント関連の設定項目を拡張
– DNIS編集画面のアプリケーション関連の設定項目を拡張
– マルチテナントのリソース設定画面の設定項目を拡張
– 通話とチャットのデュアルチャネル対応によりCIMクライアント・ウィジェットを一新(CIM 2.7 DCI Client Widget API)
・マルチセッション(コンタクトの並列処理)機能の提供
・UCクライアントの組み込み
– 通話とチャットのデュアルチャネル対応により業務アプリ連携用のAPIを一新(CIM 2.7 DCI Work View API)
・マルチタブ(コンタクトの並列処理)機能の提供
– CIMクライアントAPIの機能追加
agentActiveイベントを廃止
isolateCustomerCall(カスタマー隔離転送)オペレーションを新規追加
eventOccurred(カスタムイベント)イベントを新規追加
createRecordingFileUrlオペレーションにvalidationパラメータを追加
– CIMログDBのテーブルスキーマを拡張
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.22 (2019/02/22)
– マイナーバグの修正

2.7.4.21 (2018/11/05)
– CIMクライアントAPIのAgentActiveイベントを無効化するアドバンスドオプションを追加。
client.api.agentactive.event.disabled = true/false(default)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.20 (2018/09/11)
– クライアントAPIのsigninオペレーションにACD割り当てパラメータを追加
– クライアントAPIのagentActiveイベントを無効化するオプションを追加
client.api.agentactive.event.disabled = true/false(default)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.19 (2018/07/30)
– CIM-PBX間のコネクション改善

2.7.4.18 (2018/07/23)
– CIMクライアントウィジェットに任意URLをポップアップするためのアドバンスドオプションをテナント毎に設定できるように拡張
tenant.<tenant_name>.widget.menu.app.url.1~5 = <アプリケーションURL 1~5>
tenant.<tenant_name>.widget.menu.app.title.1~5 = <アプリケーション名 1~5>
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.17 (2018/06/06)
– マイナーバグの修正

2.7.4.16 (2018/05/11)
– マルチテナント版でテナント一覧の項目にオンラインエージェント数を追加
– Google Chrome バージョン66におけるWebRTCの問題に対応
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.15 (2018/02/08)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.14 (2018/01/24)
– CIMクライアントウィジェットに任意URLをポップアップするためのアドバンスドオプションを新規追加
widget.menu.app.url.1~5 = <アプリケーションURL 1~5>
widget.menu.app.title.1~5 = <アプリケーション名 1~5>
– ユーザーパスワードの管理を強化するアドバンスドオプションを新規追加
password.required.character.number = false/true
password.required.character.uppercase = false/true
password.required.character.lowercase = false/true
password.required.character.special = false/true
password.required.length.max = 20
password.required.length.min = 8
password.required.regexp.pattern =
password.forcibly.change.ownself = false/true
password.expire.reset.enabled = false/true
password.reuse.history.count = 4
– クロスサイトスクリプティング対策の強化
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.13 (2017/11/02)
– 機能改善

2.7.4.12 (2017/10/30)
– CIMクライアントAPIにオペレーションを新規追加
– CIMクライアントウィジェットのスクリプト実行機能の追加
widget.scripting.event.agentstatus.function
widget.scripting.event.agentstatus.param
widget.scripting.event.callstatus.function
widget.scripting.event.callstatus.param
widget.scripting.event.calloffered.function
widget.scripting.event.calloffered.param
– CIMクライアントウィジェットの発信元番号の表記を変更するアドバンスドオプションを新規追加
widget.show.call.from.type = 0(発信元番号), 1(ACD説明), 2(発信元番号/ACD説明), 3(ACD説明/発信元番号)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.11 (2017/09/18)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.10 (2017/09/01)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.9 (2017/08/07)
– ログインブロックまでのデフォルト失敗回数を5回から30回へ変更
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.4.8 (2017/07/18)
– デバッグログダウンロード画面を新規追加
– DNIS編集画面の一部のUIを拡張
– グループ編集画面に発信先制限機能を新規追加
– CIMユーザーへの拡張パラメータ設定機能を新規追加
cim.user.extended.parameter.enabled = false/true
拡張パラメータ欄には以下のようなプロパティ形式で値を設定する
param1=value_of_param1
param2=value_of_param2
アプリURLには#agentInfo.extAgentInfo.<param_name>#の形式で拡張パラメータ変数を使用できる
http://127.0.0.1/?p1=#agentInfo.extAgentInfo.param1#&p2=#agentInfo.extAgentInfo.param2#
– CIMログDBへ出力するコールリーズンとコールタグへのエージェントID付加機能を新規追加(要 CA v2.7.4.11以上)
client.api.callinfo.reason.include.agentid = true/false
client.api.callinfo.tag1.include.agentid = true/false
client.api.callinfo.tag2.include.agentid = true/false
– CIMクライアントAPIを拡張
– CIMクライアントウィジェットにエージェント着信時のデスクトップ通知機能を新規追加
– CIMクライアントウィジェットにセカンダリアプリケーションの別ウィンドウ表示機能を新規追加
– WebRTC端末にダイヤルパッド(DTMF送出)機能を新規追加
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.3.3 (2016/08/30)
– Brekeke SIPスタックのアップデート
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.3.2 (2016/07/14)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.3.1 (2016/06/30)
– CIMとPBX間の接続方式を変更(※PBX3.6以降のバージョンのみ連携可能)
– WebRTC通話機能を新規追加
– PBX主体で運用するためのCIMの簡易動作モードを新規追加
– 管理画面の一部のUIを改修および拡張
– クライアントウィジェットのコールリーズンの入力UIをラジオボタン化するアドバンスドオプションを追加(widget.call.reason.radio.format=true)
– クライアントウィジェットのACD情報の表示領域の高さを変更するアドバンスドオプションを追加
widget.acd.list.height=n(px)
salesforce.widget.acd.list.height=n(px)
– アタックブロック情報をファイルからオンメモリで保持するように変更
(attack.ip.check.on.memory=false)で以前のモードで動作
– エージェントとACDのIDに半角英大文字を使用できないように変更
問題が生じる場合のみ以下のアドバンスドオプションで大文字の使用を許可
user.id.usable.uppercase.characters=true
acd.id.usable.uppercase.characters=true
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.2.6 (2016/06/03)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.2.5 (2016/02/15)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.2.4 (2016/01/29)
– m_user_configレコードを持つユーザーを削除できない不具合の修正
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.2.3 (2016/01/20)
– URL変換機能においてhttpとhttpsを区別して変換するためのオプションを新規追加
– Salesforce用ウィジェットで発着信時にポップアップする相対URLを指定するアドバンスドオプションを新規追加
salesforce.calloffered.appurl=<発着信時URL>
salesforce.calloffered.inbound.appurl=<着信時URL>
salesforce.calloffered.outbound.appurl=<発信時URL>
– 通話状態の着信中ステータスの有効化オプション(callstate.incoming)のデフォルト値をtrueに変更

2.7.2.2 (2016/01/08)
– CAまたはCRMのCIMクライアントでチャット画面が表示されない障害の修正

2.7.2.1 (2016/01/06)
– マイナーバグの修正

2.7.2.0 (2015/12/28)
– CIMクライアント上でのセカンダリ・アプリケーション連携機能を新規追加
– ログイン画面にマルチアカウント記憶機能を新規追加(login.remember.multi.accounts=true)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.1.3 (2015/10/01)
– Salesforce用ウィジェットで保存先を指定しない場合に通話ログを放棄するモードの追加(salesforce.calllog.nodestination.save=false)
– 内線通話時にクライアントウィジェット上に相互の番号を表示するように変更
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.1.2 (2015/09/03)
– マイナーバグの修正および機能改善

2.7.1.1 (2015/08/06)
– セキュリティ設定のAccess-Control-Allow-Originに自動モードを追加
– アドバンスドオプションにclient.event.callofferedイベントを新規追加
– マイナーバグの修正

Yes No
Suggest Edit